ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 宇都宮市下田原のエコ農業とちぎ公開ほ場で水田アート田植えを行いました

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

宇都宮市下田原のエコ農業とちぎ公開ほ場で水田アート田植えを行いました

   都市近郊農業と消費者交流につながる取組として、宇都宮市の下田原農産物直売所の北側の田んぼで、多面的機能の維持管理に取り組む下田原エコ・ワークシェアーズが市内の幼稚園と一緒に田植えを行いました。

   ここでは毎年、古代米を使って田んぼに絵を描いています。今は普通の水田ですが、出穂すると絵柄が現れます。どんな風になるでしょうか?、楽しみです。

   下田原エコ・ワークシェアーズでは、水田アートの他にも、減農薬栽培、草刈りによる緑のあぜづくり、側溝にふたをしてカエルを保護する等の取組みを行っており、エコ農業とちぎの公開ほ場「田んぼ見学&生きもの調査」研修会も7月21日に予定しています。 

看板

田植えの様子

子供達と一緒に田植え

昨年のアート

昨年の水田アート「ひよこ」

 場所の地図「下田原町1687-5」 

お問い合わせ

河内農業振興事務所

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3059

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告