ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 園芸大国とちぎづくり > 宇都宮市産の花を使って栃木県立宇都宮白楊高等学校で花育を実施しました!

ここから本文です。

更新日:2019年11月5日

宇都宮市産の花を使って栃木県立宇都宮白楊高等学校で花育を実施しました!

  10月28日に栃木県立宇都宮白楊高等学校において、花育授業を実施しました。

  宇都宮市内の生花店「花亀」の亀井光一郎氏、ユリを生産している小池一構氏、バラを生産している横山貴一氏を講師に迎え、3年生の生徒9名が市内産のユリとバラを使用したフラワーアレンジメントを作成しました。

 

  参加した生徒は、花の香りも楽しみながら、集中して花を生けており、生徒それぞれの個性が光る作品が完成しました。授業の最後には亀井氏によるアレンジメントのデモンストレーションもあり、アレンジメント作成のポイント等についても学びました。

 

 作成の様子                        集合写真

お問い合わせ

河内農業振興事務所

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3059

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp