ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > もち性大麦『もち絹香(きぬか)』を収穫しました!

ここから本文です。

更新日:2019年6月18日

もち性大麦『もち絹香(きぬか)』を収穫しました!

  宇都宮市中里町の有限会社 山口農園では、もち性大麦『もち絹香』を40a試験栽培しており、6月4日(火)に収穫をしました。

『もち絹香』は栃木県が開発したもち性大麦新品種で、①食味が優れる ②炊飯後褐変しにくい ③優れた栽培性の3つの特徴を有しています。また、もち性のため水溶性食物繊維「β-グルカン」の含量も多く含まれています。現在、県内8カ所で試験栽培をしています。

 栃木県は今後、『もち絹香』の産地形成を進め、普及拡大を図っていきます。

mochikinukasaibaimochikinukasyuukaku

 

 

 

 

 

 

 

    写真1 もち絹香栽培の様子                     写真2 もち絹香収穫の様子

sachihotomochikinuka

       写真3 サチホゴールデン(左)ともち絹香(右)籾比較

お問い合わせ

河内農業振興事務所 農畜産課

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3074

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告