ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 技術・栽培 > 令和2年産 水稲移植時期の技術対策について

ここから本文です。

更新日:2020年2月5日

令和2年産 水稲移植時期の技術対策について

  昨年10月の台風19号により農地等が被災した地域では、復旧工事の完了時期等を考慮する必要があります。また、今冬の積雪量が少なく春作業時期の水不足が懸念されることから、計画的な育苗やほ場の準備が必要となります。

 そこで、水稲移植時期の技術対策(PDF:312KB)を作成しましたので、ご活用下さい。

  【内容】

      1 稲わらが流入した水田の対策

      2 台風19号により被災した地域における田植遅延対策

      3 春作業時の水不足対策

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河内農業振興事務所

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3059

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告