ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 「ドローン除草剤散布及び水稲高密度播種栽培定植後現地検討会」が開催されました。

ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

「ドローン除草剤散布及び水稲高密度播種栽培定植後現地検討会」が開催されました。

  平成30年5月24日(木曜日)、「ドローン除草剤散布及び水稲高密度播種栽培定植後現地検討会」が、JAうつのみや主催で北部営農経済センター管内の圃場において開催されました。

  当日は、関係機関・団体、生産者らが出席し、ドローンを用いた除草剤の散布の実演と水稲高密度播種栽培定植後の生育状況について検討しました。

  使用したドローンは、約10分で1haの圃場に粒状の農薬を散布できる性能で、当日は約80aの圃場に除草剤を散布しました。

  水稲高密度播種栽培技術とは、苗箱あたりの播種量を通常より多く播種し、移植することで苗箱を減らすことでコスト削減など労働力の軽減が期待できる技術です。

  水稲高密度播種栽培定植後の状況は、欠株も少なく順調に生育していることを確認しました。

  今後も関係機関・団体と連携し、水稲栽培に関する低コスト化技術の検討・推進をしていきます。

 

ドローンの概要の説明を受けている様子の写真

ドローンの概要の説明を受けている様子

ドローンによる除草剤散布の様子(水稲高密度播種栽培圃場)の写真

ドローンによる除草剤散布の様子(水稲高密度播種栽培圃場)

お問い合わせ

河内農業振興事務所 農畜産課

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3074

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告