ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 技術・栽培 > 【エコ農業とちぎ公開ほ場(宇都宮市)第2回研修会を開催しました】

ここから本文です。

更新日:2018年10月19日

【エコ農業とちぎ公開ほ場(宇都宮市)第2回研修会を開催しました】

  宇都宮市下田原町の「下田原エコワークシェアーズ」では、古代米の水田アートに取り組みました。5月30日に田植えをした稲が実りの秋を迎え、はっきりと『犬』の絵柄が浮かび上がりました。

  そこで『エコ農業とちぎ公開ほ場第2回研修会』を10月13日(土)に開催し、地元農家と消費者6家族17名の参加により、「水田アートの稲刈り」の体験を行いました。

   作業の注意等の説明の後に、犬の絵柄部分(古代米:黒米)を稲刈鎌を使って手刈りで収穫しました。ぬかるんだ場所では、長靴が泥にとられ動けなくなったり、尻もちをつくなど泥まみれになりがらの稲刈りと、刈り取った稲を乾燥させるための「はざがけ」作業を行いました。刈り跡は迷路みたいで、子供達はできあがった迷路を走り回るなど、収穫体験の楽しさを体現していました。

  稲刈り体験後は、新米でのおにぎりをほおばりながら地元農家との交流を行いました。

 

  参加者から家族で参加できる農業体験やイベント情報を知りたいとの要望がありましたので、「かわちわくわくちゃんねる」、「県のホームページ」、「エコ農業とちぎ」のホームページを紹介しました。

  また、今回の収穫体験をきっかけに、参加家族の皆様にエコ農業とちぎ応援宣言をしていただきました。

 

水田アートの稲刈り体験の様子

 

 

お問い合わせ

河内農業振興事務所

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3059

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告