ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 技術・栽培 > 【麦類】暖冬により麦類の生育はかなり進んでいます!茎立期前に最後の麦踏みを!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【麦類】暖冬により麦類の生育はかなり進んでいます!茎立期前に最後の麦踏みを!

 

 

暖冬により麦類の生育はかなり進んでいます!茎立期前に最後の麦踏みを!

 

 本年は暖冬により、麦類の生育はかなり進んでいます。そのため、茎立ちは平年より2週間以上早まる可能性があります。茎立ち前の麦踏みは、凍霜害、生育の均一化等の効果があります。茎立ち前最後の麦踏みを実施しましょう。

 また、今後の降雨・降雪に備え明きょの再点検等の排水対策や雑草管理を実施し、良質な麦づくりを目指しましょう。

 

*茎立期・・・幼稈長が2cmを超え、茎が起立し始めるとき

 

詳しくは「河内麦づくり情報~最後の麦踏みを!~」をご参照ください。(PDF:400KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河内農業振興事務所 農畜産課

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3074

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告