ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 河内農業振興事務所 > 技術・栽培 > イネ縞葉枯病は予防が肝心!万全な対策に取り組みましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

イネ縞葉枯病は予防が肝心!万全な対策に取り組みましょう!

 近年、河内管内においてイネ縞葉枯病が多く確認されています。再生稲におけるイネ縞葉枯病罹病株率調査を実施した結果、宇都宮市東部、南部、上三川町で特に罹病株率が高いという結果になりました。

イネ縞葉枯病はヒメトビウンカが媒介するウイルス病です。発病時期が早いほど被害が大きくなり、減収につながります。

イネ縞葉枯病対策として①収穫後の秋耕 ②薬剤防除 ③抵抗性品種の作付 ④畦畔の雑草防除があります。適切な防除を実施し、予防に努めましょう。

 

詳しくは「河内稲づくり情報~イネ縞葉枯病対策編~(PDF:438KB)」をご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河内農業振興事務所 農畜産課

〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎

電話番号:028-626-3074

ファックス番号:028-626-3071

Email:kawachi-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告