ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 上都賀農業振興事務所 > 食・農・交流 > 西大芦農産物5月市が開催されました @鹿沼市西大芦

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

西大芦農産物5月市が開催されました @鹿沼市西大芦

 5月19日(日曜日)、鹿沼市西大芦地区において、地元生産者が丹精込めて栽培した農産物を販売する「西大芦農産物5月市」が開催されました。

 昨年3月に閉校となった旧西大芦小学校の校庭を利用し初めて開催されたもので、小学校らしく”テント”での仮設店舗による販売です。

 当日は、天気にも恵まれ、西大芦地区の方はもちろん、鹿沼市内、県内外から、年齢を問わず多くの方々が訪れ、会場に並んだ新鮮な野菜や山菜、お餅、焼き菓子、ジャムなどの加工品などを品定めしながら、買い物かごいっぱいにお買い物を楽しんでいました。

 先着50名の方には、地元産ニラと卵を使った「ニラスープ」が無料で提供され、優しくてホッとする味に、皆さん笑顔になっていました。

また、会場に用意された椅子に座り、小学校の話など昔話に花を咲かせる光景も見られました。

 用意された農産物はほぼ完売となり、ご利用いただいた方々からは、「新鮮で種類が豊富」「次回も来たい」などといった声が聞かれました。

 

 次回、「西大芦農産物6月市」は6月16日(日曜日)に開催される予定です。なお、今回好評であったことから7月市も開催(7月21日(日曜日))されることとなりました。

 西大芦地域は、自然豊かな清流「大芦川」や天狗の御朱印でも有名な「古峯神社」など魅力ある資源が豊富なところです。ぜひ、6月市、7月市と併せて西大芦地域を訪れてみてください。

 

 

※ 開催前日の18日には、CRT栃木放送「サンデーとちぎ」の「川又啓蔵のLet'sきたかん」のコーナーでこのイベントや高齢者向けの配食の取組について紹介していただきました。 

 

 

新鮮な野菜を買い求めるお客様

新鮮な野菜を買い求めるお客様

買い物かごいっぱいの野菜

買い物かごいっぱいにお買い物を楽しむ住民

ニラスープを作ってくれた方

地元の方々が腕をふるったニラスープ

思い出話に花を咲かせる地域住民

思い出話に花を咲かせる地域住民

取材を受ける西大芦農産物推進委員会大柳委員長

取材を受ける西大芦農産物直売推進委員会大柳委員長

 


 〈イベント開催の背景〉

西大芦地区は、観光客が訪れる反面、他地域に比べて高齢化・人口減少が進み、地域内で地元の人たちが利用していたお店の閉店が相次いでおり、買い物が困難な地域となってきています。そんな中、昨年度から県の事業を活用し、西大芦地区ふるさとづくり協議会と地元住民とで協議を進めてきた結果、地域の方々の「買い物」と理域内や地域に訪れる人々との「交流」の場を提供する取組として、「西大芦農産物市」が開催されることとなりました。

 

 

お問い合わせ

上都賀農業振興事務所

〒322-0068 鹿沼市今宮町1664-1

電話番号:0289-62-5236

ファックス番号:0289-65-7018

Email:kamitsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告