ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 上都賀農業振興事務所 > 上都賀地域の農畜産物、担い手の動き > 【上都賀地域・水稲管理情報(vol.8)】浸水被害に伴う水稲栽培の注意点等について

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

【上都賀地域・水稲管理情報(vol.8)】浸水被害に伴う水稲栽培の注意点等について

台風19号により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

浸水被害を受け、水稲の収穫が出来なくなってしまった場合は、次の点に注意いただき、次年産水稲栽培の参考にしてください。

  • 残された水稲株は裁断してからすきこみましょう。
  • 次年度の水稲作では施肥量に注意しましょう。

また、収穫後の水田管理が来年の高品質でおいしいお米の安定生産につながります。再生稲は、ヒメトビウンカの生息地、縞葉枯ウィルスの伝染源になります。イネ縞葉枯病の発生拡大を防ぐとともに、土づくりのためにも、収穫後は速やかに秋耕しましょう。

詳しくは「水稲管理情報(vol.8)」(PDF:510KB)をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上都賀農業振興事務所 経営普及部

〒322-0068 鹿沼市今宮町1664-1

電話番号:0289-62-6125

ファックス番号:0289-62-6127

Email:kamitsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告