ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 上都賀農業振興事務所 > 上都賀地域の農畜産物、担い手の動き > 【上都賀地域】平成27年9月関東・東北豪雨災害の管内最大被災地(鹿沼市奈佐原地区)でも田植え作業が進む

ここから本文です。

更新日:2016年6月30日

【上都賀地域】平成27年9月関東・東北豪雨災害の管内最大被災地(鹿沼市奈佐原地区)でも田植え作業が進む

 関東東北豪雨災害で被害を受けた、鹿沼市奈佐原の被災地区では当初7月末まで復旧工事が予定され、この地域の田植えの晩限が6月中旬頃であることから、大半の農家が今年の水稲作付けを最近まで断念していました。
 しかし、上流部の被害の大きかった区域で予定よりも早く工事が進んだことから、地元土地改良区等の関係者が急遽、苗や田植え作業(鹿沼市農業公社の協力)の手配、農家意向確認等を行い、作付け不可能と見込まれていた約3haの水田に飼料米(あさひの夢)が作付けされることとなりました。田植え作業は鹿沼市農業公社が受託して6月20日頃から行われています。上都賀農業振興事務所としては今後とも残された被災水田の作付け相談等を受け付けております。
(平成28年6月29日現在)

奈佐原地区上流部被災状況 被害の大きかった上流部でも田植作業が進む(6月29日)

     奈佐原地区上流部被災状況            被害の大きかった上流部でも田植作業が進む(6月29日)

お問い合わせ

上都賀農業振興事務所 経営普及部

〒322-0023 鹿沼市幸町1-3-21

電話番号:0289-62-6125

ファックス番号:0289-62-6127

Email:kamitsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告