ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 上都賀農業振興事務所 > 上都賀地域の農畜産物、担い手の動き > 【上都賀地域】鹿沼市の伝統野菜「鹿沼菜」の産地復活に向けた取組

ここから本文です。

更新日:2017年12月13日

【上都賀地域】鹿沼市の伝統野菜「鹿沼菜」の産地復活に向けた取組

  鹿沼菜は、緑色が濃く、光沢や甘みが特徴のツケナ類です。鹿沼市では、古くからこの鹿沼菜が栽培されていました。
  しかし、栽培しやすいアブラナ科野菜の栽培が多くなり、現在では、ほとんど作られなくなっていました。
  そこで、平成22年に「伝統野菜の鹿沼菜復活プロジェクト」が、JAかみつが、鹿沼市、宇都宮大学、鹿沼南高校、上都賀農業振興事務所をメンバーに結成されました。
  初年は、種の収集と試験栽培、鹿沼菜の形態的特性と染色体数などを調査し優良系統を選抜しました。採種については、鹿沼南高校が担当し、試験栽培用の種子を確保しました。
  平成24年には4戸の農家が試験販売を開始、平成28年には12戸の農家が栽培し、12月上旬から市場出荷やまちの駅新鹿沼宿、JAかみつが奈佐原直売所、落合直売所で青果として販売しました。
  今年はこれまでの青果としての販売に加え、地元のヤオハンスーパーの協力を得て、総菜に加工して販売することになりました。試験販売のため、貝島店限定の取組ですが、消費者が鹿沼菜の味を気軽に試せるとともに、伝統野菜の鹿沼菜を知っていただく機会につながることを期待しています。
  お総菜の販売期間は平成29年12月10日~平成29年12月28日を予定しています。
  今後は、さらなる栽培者の確保と販路拡大の支援を行っていきます。

鹿沼菜栽培の様子 鹿沼菜入りかき揚げ

お問い合わせ

上都賀農業振興事務所 経営普及部

〒322-0023 鹿沼市幸町1-3-21

電話番号:0289-62-6125

ファックス番号:0289-62-6127

Email:kamitsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告