ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

【上都賀地域】水稲管理情報vol.2を掲載しました

目標茎数(18本/株)が確保できたら、間断かん水へ移行しましょう

気象の推移

5月から6月上旬は高温・多照で経過しました。降水量は平年より少なく、6月6日に梅雨入りしました(昨年よりも1日早く、平年より2日早い)。

水稲生育概況(生育診断ほ(早植栽培)調査結果6月8日)

6月8日時点では、草丈は平年より高く、茎数は多く、葉齢は平年より6日程度進んでいますが、葉色は平年並みで、生育診断値(葉色×茎数)は基準範囲内で、生育量は適正です。

今後の技術対策

5月上旬移植の水田は、茎数18本/株を目安に、間断かん水へ移行し、太い茎を作りましょう!ただし、茎数が確保されていないほ場では、引き続き、夜間かん水、日中止水(浅水)とし、分げつを促進しましょう。

詳しくは水稲管理情報vol.2(PDF:489KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上都賀農業振興事務所 経営普及部

〒322-0068 鹿沼市今宮町1664-1

電話番号:0289-62-6125

ファックス番号:0289-62-6127

Email:kamitsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告