ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 下都賀農業振興事務所 > 下都賀地域 IPMシンポジウムを開催しました。

ここから本文です。

更新日:2017年12月12日

下都賀地域 IPMシンポジウムを開催しました。

近年、持続可能な農業の実現に向け、関心が高まっている「IPM(特に天敵)」の最新情報を生産者の方々に知っていただくため、12月5日に下都賀地域IPMシンポジウムを開催しました。


トマト、なす、きゅうりの生産者他、農業関連企業・関連機関、市町村など、100名の方々に御参加いただきました。

 

宮崎大学 大野和朗教授から「農家が楽をする! 野菜の減農薬栽培~露地・施設野菜での土着天敵利用技術~」の御講演をいただきました。天敵を利用する意義・目的を含め、最新の情報を、具体的事例を交えわかりやすく講演していただき、参加者のIPMに対する関心がさらに高まったと思います。

 

また、農研機構 中央農業研究センター 日本典秀氏より「トマト、きゅうりの新たな土着天敵『タバコカスミカメ』の利用技術」の研究成果を報告していただきました。管内でも実証試験ほ場が設置され研究が進んでおり、生産者等の関心が高く、今後の活用が期待されます。

天敵を利用している生産者から、露地なすの土着天敵活用栽培と、トマトでのタバコカスミカメ導入の事例(中央農研試験ほ場)発表がありました。

また、メーカーのブース展示にも多くの参加者が訪れており、今後の下都賀地域のIPMの普及において有意義な時間となりました。


天敵の活用に御興味のある方は、お気軽に下都賀農業振興事務所経営普及部野菜課まで御連絡ください。講演参加者の様子 

  栃木県農政部の情報は「栃木県農政部ツイッター(@tochigi_nousei)でも発信していますので、ぜひご利用ください。

お問い合わせ

下都賀農業振興事務所 経営普及部

〒328-0032 栃木市神田町5-20 下都賀庁舎第2別館

電話番号:0282-24-1101

ファックス番号:0282-23-6563

Email:shimotsuga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告