ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 塩谷南那須農業振興事務所 > 園芸情報 > 【塩谷南那須地域】JAしおのや管内で「ねぎ」の立毛共進会ほ場審査が行われました

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

【塩谷南那須地域】JAしおのや管内で「ねぎ」の立毛共進会ほ場審査が行われました

JAしおのやねぎ部会(部会員43名、栽培面積13.6ha)では、「秋冬ねぎ」の本格出荷期を迎えるにあたり、11月28日に立毛共進会(たちげきょうしんかい)を行いました。立毛共進会とは、生産者の技術向上を図るため、ほ場管理や農産物品質を審査、表彰するものです。出品されたいずれのほ場も管理が行き届いていましたが、出荷規格にあわせた品質及び収量性が優った氏家地区の小林正嗣氏が最優秀賞に選ばれました。

今年は、一部のほ場で台風による影響もありましたが、生育は概ね順調です。秋冬ねぎは10~4月にかけて出荷され、その後の春ねぎ、夏ねぎと、ほぼ年間を通して150tが京浜市場等に出荷されています。

県では、JAや市町等と連携し、オールとちぎで「園芸大国とちぎづくり」に向けて水田への露地野菜導入等を推進しています。ねぎは、機械化一貫体系が確立されており、また、米麦と農繁期が重ならず水田転作に適し、さらに収穫時期を調整しやすいことなどから導入が進み、今年度は3名部会員が増え、平成30年度も4名増える予定です。

 

 

h29ねぎ立毛01

  病害虫や葉先枯れ等の発生の審査状況

 

 h29negitachige02

軟白部の長さや太さ等の品質の審査状況

 

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所 園芸課 野菜担当

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-2318

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp