ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 塩谷南那須農業振興事務所 > 園芸情報 > 【塩谷南那須地域】干し芋用さつまいも現地検討会(定植実演)が開催されました

ここから本文です。

更新日:2018年5月28日

【塩谷南那須地域】干し芋用さつまいも現地検討会(定植実演)が開催されました

JAなす南では、今年度から干し芋用さつまいも「紅はるか」の契約栽培(生産者6名、面積105a)に取り組んでおり、5月16日に安定生産に向けた現地検討会(定植実演)が開催されました。

農業振興事務所からは、紅はるかの特徴や土づくり、マルチ張りの時期や植え付け方法などと併せて、イノシシ対策について説明を行いました。その後、生産者のほ場にて、畝立てとマルチ張りの状況を確認し、苗の植え付け方法(道具の使い方等)について情報交換を行いました。ほ場での実演は具体的作業がイメージしやすく、機械を見ながらの質問など、有意義な現地検討会となりました。

今後、10月の収穫・出荷に向けた安定生産栽培を指導していきます。

生産されたさつまいもは(株)壮関(矢板市)が県内で干し芋に加工し、県内外で販売されます。

 

h30さつまいも定植1

現地検討会の様子

h30さつまいも定植2

 植え付け道具の使い方を情報交換する様子

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所 経営普及部 園芸課 野菜担当

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-2318

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告