ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 那須農業振興事務所 > 野菜 > 【那須地域】たまねぎの共同は種を行いました

ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

【那須地域】たまねぎの共同は種を行いました

 9月1日(火曜日)に、JAなすの たまねぎ部会員が共同で令和3年産たまねぎの「は種作業」を行いました。

JA全農とちぎから「は種機」をレンタルし、専用のセルトレイ3,200枚には種しました。

品種は、多収で貯蔵性の良いもみじ3号を中心に、ネオアース、ターボの3品種で、作付面積は4.6haになる予定です。

 今後、生産者がそれぞれのビニールハウス内で約2か月間育苗し、10月末~11月上旬にかけて定植します。

土地利用型園芸作物の導入を検討中の農家の皆様、加工用たまねぎの作付けを始めてみませんか!?

 

は種機を使用したは種の様子

農協施設での共同は種の様子

は種したセルトレイを荷台に積んでいます

は種したセルトレイは各生産者が持ち帰って育苗します

お問い合わせ

那須農業振興事務所

〒324-0041 大田原市本町2-2828-4

電話番号:0287-23-3141

ファックス番号:0287-23-7994

Email:nasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告