重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 那須農業振興事務所 > 【那須地域】第7回那須地域良食味米コンクールの最優秀賞が決まりました!

更新日:2020年11月17日

ここから本文です。

【那須地域】第7回那須地域良食味米コンクールの最優秀賞が決まりました!

令和2年10月28日(水曜日)、那須農業振興事務所において、第7回那須地域良食味米コンクールの最終審査を行いました。

今年度の総出品数は63点で、コシヒカリ部門51点、なすひかり・その他良食味米品種部門12点となりました。最終審査の結果、最優秀賞は、以下の2点となりました。

「コシヒカリ部門」最優秀賞:大貫敏和氏(那須塩原市)

「なすひかり・その他良食味米品種部門」最優秀賞:人見浩氏(那須町)ゆうだい21

 

〔コンクール経緯〕

〈一次審査〉

機械分析や外観品質評価により各部門上位2点を選抜しました。

 

 

市・町

生産者名

品種

コシヒカリ部門

最優秀賞

2位

那須塩原市

那須塩原市

大貫 敏和

平山 岳夫

なすひかり・

その他良食味米品種部門

最優秀賞

2位

那須町

大田原市

人見 浩

花塚 歩美

ゆうだい21

なすひかり

 

 

〈最終審査〉

新型コロナウイルス感染症対策として、今回はイベント要素を極力抑え、有識者による食味官能審査のみの実施とし、(一財)日本穀物検定協会認定「お米アドバイザー」相馬雅弘氏(JAなすの本店営農部)により審査を行い、最優秀賞を選出しました。

 

〔最優秀賞入賞出品米への相馬氏コメント〕 

大貫敏和氏出品米(コシヒカリ):外観・つやが優れ、香りに甘さがあった。

人見浩氏出品米(ゆうだい21):つややかであり、粘り・うまみが優れていた。

今回、最優秀賞に選ばれたお米は、第22回:米・食味分析鑑定コンクール(国際大会、11月28日静岡県小川町)に出品されます。 上位入賞することが期待されます。

機械による分析

穀粒判別機・食味計による分析(玄米)

外観品質を確認しています

農産物検査員による外観品質評価

 

精米後の機械分析

味度メーターによる分析(精米、炊飯後に測定する食味計)

 

 食味官能審査で味を吟味

本審査の様子(相馬雅弘氏)

各部門上位2点のお米

審査では同じ炊飯器を使用します

 

今年は無観客でコンクールが行われました

無観客での開催となりました

記念盾

最優秀賞者には記念盾が贈られます

 

 

 

お問い合わせ

那須農業振興事務所

〒324-0041 大田原市本町1-3-1

電話番号:0287-23-3141

ファックス番号:0287-23-7994

Email:nasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告