ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 安足農業振興事務所 > 担い手に関する情報 > 「第3回安足地方稲作低コスト生産実践研修会」を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2016年9月2日

「第3回安足地方稲作低コスト生産実践研修会」を開催しました。

8月8日(月曜日)、佐野市において「第3回安足地方稲作低コスト生産実践研修会」を開催しました。当日は大規模土地利用型農家他、関係機関も含め33名が参加し、流し込み施肥技術と高密度播種栽培について実践を交えた研修を行いました。

流し込み施肥技術は水田に入ること無く追肥ができ、水稲の生育に合わせて時期や量を調整できるため、労力の削減や安定生産が期待されます。一方一定の水量が必要なことや、不定形ほ場には向かないことなどからほ場条件に制約があります。

高密度播種栽培は、育苗箱1箱当たりの籾播種量を慣行の2~3倍増加させることで、苗箱数を2分の1から3分の2まで減らせ、資材費と労力の削減が期待できる「最新農業技術2016」に選出された技術です。

農業者からは、流し込み施肥資材の価格や高密度播種栽培に必要な機械について質問があり関心の高さが窺えました。

次回は9月に「品種による作期分散」をテーマに開催する予定です。

sizaisetumei

写真1 資材の説明を聞く参加者

nagasikomisehi

写真2 水口からの流し込み施肥の様子

 

安足農業振興事務所トップページへ

お問い合わせ

安足農業振興事務所

〒327-8503 佐野市堀米町607 安蘇庁舎

電話番号:0283-23-1455

ファックス番号:0283-23-5693

Email:ansoku-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告