ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 安足農業振興事務所 > 生産技術 > 安足地域の新規品目いちじくの出荷が始まりました。

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

安足地域の新規品目いちじくの出荷が始まりました。

   JA佐野いちじく栽培研究会では、米麦農家等の複合作物として、平成27年から新規にいちじくの導入が始まり、現在13名で、84aの作付けがあります。

   品種は、全て「桝井ドーフィン」で、雨よけハウス栽培を基本としています。販売は、28年産から県内初の共同出荷が行われ、宇都宮市中央卸売市場への出荷を主体に、地元直売所等でも販売されています。

  いちじくは、鮮度低下が極めて早いため、出荷にあたっては、当日早朝に収穫することが徹底され、市場からは「鮮度が高い」との高評価を得ています。

  今年は、定植3年目を迎え、樹が大きく生長したこともあり、生育は前年と比べて7日程度早く、8月7日に初出荷となりました。出荷は、9月中下旬をピークに11月中旬まで続く見込みです。

 

出荷期を迎えた「いちじく畑」

収穫期を迎えた「いちじく畑」

出荷される「いちじく」

出荷される「いちじく」

 

   安足農業振興事務所トップページへ

お問い合わせ

安足農業振興事務所 経営普及部

〒327-8503 佐野市堀米町607 安蘇庁舎

電話番号:0283-23-1455

ファックス番号:0283-23-5693

Email:ansoku-nsj@pref.tochigi.lg.jp