ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

農業試験場長メッセージ

  現在、県においては、「子供たちに夢を与え、人を惹き付ける魅力ある農業・農村の実現を目指して」各種施策に取り組んでおります。
  特に、今年度は、本県農政の大きな柱として、「園芸大国とちぎ」づくりを推進しているところです。半世紀に渡り生産量日本一を誇るいちごをはじめ、産出額が100億円を超えるトマト産地の競争力強化とそれらに続くにらやアスパラガス等を本県園芸の柱となるような新たな主力品目と位置づけ、重点的に生産拡大を図っております。
  また、水田農業の改革を促進するため、新たな制度への円滑な移行を進めながら、主食用米から加工・業務用野菜等への作付転換や麦、大豆、飼料用米の生産拡大を図っております。
  稼げる農業の一助になるよう、今後とも試験研究に取り組んで参ります。
  
  今年度の農業試験場の運営方針につきましては、「とちぎブランドを創出し強化する 新品種・新技術の開発」です。
  ご案内の通り、昨年度、白いちごの「栃木iW1号」、吟醸酒向け酒米の「夢ささら」、食用大麦の「もち絹香」の3品種を開発しました。これらの品種が、一日でも早く県内に普及できるよう、研究を進めて参ります。併せて、これらに続く品種開発も着々と進めているところであります。

  昨年度、国の地方創生拠点整備交付金事業を活用し、本県農業に新たなイノベーションを起こすオリジナル品種の開発を加速するため、水稲、いちご、にら、花き、麦の基幹研究施設を整備しました。
  また、省力・超多収や、新需要を創出する農産物の高付加価値化など、高収益を実現し産地改革の基盤となる栽培技術の開発に取り組んで参ります。

  今年度、農業試験場では、昨年同様、国の地方創生拠点整備交付金事業を活用し、本県の園芸生産、特に、いちご、トマト、果樹において、生産性革命をもたらし、収量や品質を低コストで飛躍的に向上させる革新的な生産技術開発に必要な先進研究施設を整備する計画であります。
  さらに、試験研究と新技術普及定着のスピード化を図るため、昨年に引き続き、当場の研究成果等で各農業振興事務所の各種展示ほに取り上げられている課題を中心に、技術面でのサポートを行う「技術支援プログラム」を積極的に展開し、新品種や新技術の迅速な普及定着と試験研究へのフィードバックを図って参ります。
 
  最後に、研究セミナーにより農業者や関係機関への研究成果の提供を行うとともに、農業試験場公開デーやホームページの内容充実を通じて県民に開かれた農業試験場を目指して参りますので、よろしくご支援願います。

栃木県農業試験場長 植木 与四郎

 orihime kirakiraboshi yumemidori skyberry tomato tochiginohoshi

お問い合わせ

農業試験場

〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1080

電話番号:028-665-1241

ファックス番号:028-665-1759

Email:nougyou-s@pref.tochigi.lg.jp

広告