ここから本文です。

更新日:2017年9月5日

いちごの輸入

生鮮いちごの輸入量

生鮮いちごの輸入は、日本国内での生産が少ない夏から秋(7~11月)にかけて、主に洋菓子製造などの業務用として輸入されています。輸入量は2,992tで国内収穫量の約2%に相当し、そのうち96%はアメリカ合衆国から輸入されています。

 H28生鮮いちごの輸入量の推移

図1 生鮮いちごの輸入量の推移(貿易統計)

 

 H28生鮮いちごの国別輸入割合

図2 生鮮いちごの国別輸入割合(2016年)(貿易統計)

 

冷凍いちごの輸入量

冷凍いちごは、毎年3万t程度が加工用原料として輸入されており、約半分は中華人民共和国からの輸入となっています。
冷凍いちごの輸入量の推移

図3 冷凍いちごの輸入量の推移(貿易統計)

 

 

H28冷凍いちごの国別輸入割合

図4 冷凍いちごの国別輸入割合(2016年)(貿易統計)

 

 

冷凍して輸入されるいちごの中には調整品(ピューレ等)の状態でも輸入されており、2016年の輸入数量は4,343t、輸入金額は約27億円であり、近年増加傾向にあります。

 

いちご調整品の輸入推移

図5 いちご調整品(ピューレ等)の輸入推移(貿易統計)

 

 

(2017年9月)  

 

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告