ここから本文です。

更新日:2016年6月23日

教育目標と教育方針

   本校は、優れた農業者と農村の地域担い手の育成,さらには食料生産の安定確保と健全な農村社会及び文化の発展を図るため,農業改良助長法に基づき設立された農業教育施設です。近年の社会情勢や学生の進路の多様化を考慮し,平成22年4月に学校教育法に基づく専修学校としました。

教育目標

   本校は、新たに就農しようとする青年等を対象に、農業に関する実践教育と研修を行い、優れた農業経営者として必要な能力の向上と幅広い教養、さらには、人間性の涵養を図るために次の目標を掲げて教育を行います。

  1. 農業経営に必要とされる実践的な技術能力を向上させます。
  2. 専門化した高度な農業経営が営める経営管理能力を向上させます。
  3. 農業に求められる多様な役割を担える指導力を向上させます。
  4. 新しい技術を創造し、社会の進歩に対応できる創造応用能力を向上させます。
  5. 協力して郷土を守り育てる組織活動能力を向上させます。
  6. 地域社会の中核として必要な判断企画能力を向上させます。

教育方針

   優れた農業経営者等を育成するため、実際の農業経営の中から実証的に経営管理能力や専門性の高い生産技術が習得できるように、基本学習と先進的農家等での体験学習及び総括学習を行います。実践教育として、講義と実習・演習・実験の時間数がおおよそ50:50の比率で構成されます。

   また、本校の特色の一つの全寮制度は、仲間作りと相互学習の場及び生物生産管理という農業の特殊性から朝夕の農場管理実習等、学生個々の人間形成のため本科1年次に実施します。

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告