ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

今年度7頭目の子牛が産まれました

   平成29年3月11日(土曜日)に、黒毛和種雌牛の「けいこ」が分娩し、産まれた子牛は体重33.5kgは雌牛で「うらら」と名付けられました。

   けいこは分娩に先立ち分娩監視・発情発見システムを設置していたことから、分娩日前日の3月10日には分娩が近いことが予測でき、分娩が始まった時も分娩を教える電子メールが届き、学生達が分娩に立ち会うことができました。

   今後も、ICTを活用した農業の推進とその教育に力を入れていきます。

 

体温変化

携帯電話で2日前までの体温の変化を見ることができ、分娩前日の3月10日に通常時よりも体温が約1℃低く推移していることが分かります。

破水

赤いグラフが急激に低下した時に、破水しセンサーが外へ排出され分娩が始まっていることを示しています。

 

 

通報メール

破水が起こると、登録してある電子メールアドレスに、通報のメールが届きます。

 

けいこの子

無事に雌の子牛「うらら」が産まれました。

 

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp