ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 本科の紹介 > 畜産経営学科 > 自給飼料の刈り取り作業が始まりました

ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

自給飼料の刈り取り作業が始まりました

   当校では、飼養している牛に給与する餌の多くを、自給飼料として生産しています。

   毎年、5月の大型連休頃から牧草の刈り取り、収集、ロール化、ラッピングの作業を行っています。約8ヘクタールの草地において一番草を刈り取り約40トンの飼料を生産しました。

   今後、同じほ場で3から5回の刈り取りを予定しており、年間で約100トンの生産を見込んでいます。

   この飼料生産の作業の一部も学生が行っており、大型農機に乗って作業しています。

   大型機械に乗って操作したい高校生などは、ぜひ農大の畜産経営学科の門を叩いてください!待ってます!

 

 

牧草刈り取りの様子

牧草の刈り取り

 

ロール運搬

刈り取った牧草を集め、ロール化します

 

 

ロールの収集

一か所にまとめてラッピング作業

 

ラッピング

ラッピング前の調整は学生の作業です

 

 

ラッピング中

トラクターに乗りラッピングの作業も学生が行います

 

 

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp