ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 農業経営学科 > たまねぎの機械化一貫体系にチャレンジ!

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

たまねぎの機械化一貫体系にチャレンジ!

 9月8日に本校にて、農業経営学科露地野菜コースの学生がたまねぎのは種を行いました。

 これは、全農とちぎとの「農業機械教育・研修の連携に関する協定」に係る事業の一環として実施しました。

 機械をレンタルし、本校の水田で栽培に取り組むこととしたものです。

 今回、播種機を活用したことで、30a分のは種作業を約1時間で完了することができました!

 品種は、「甘70」と「もみじ3号」です。

 11月上旬には定植機をレンタルし、稲刈後のほ場に移植する予定です。

 

播種機

播種機の設置

育苗培土の準備

育苗培土を投入

次々にできあがる育苗トレイ

流れ作業で次々と送られる育苗トレイを・・・

育苗トレイを整列

敷き詰めた水稲育苗箱の上に並べます

ハウスの準備

温度上昇を抑制するために不織布をハウスに張ります

 

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告