ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 農業経営学科 > 「かんぴょう」を生産する農業法人を視察しました(農経)

ここから本文です。

更新日:2020年9月22日

「かんぴょう」を生産する農業法人を視察しました(農経)

  栃木県農業大学校では、校内での講義・実習に加え、校外での学習をカリキュラムに組み入れ、学生の資質向上に努めています。

 今回の校外学習では、壬生町の株式会社mf(みずのえファーム)を訪問し、かんぴょうの栽培・加工・販売等について説明を受けました。

 栃木県の特産品でもある「かんぴょう」の生産現場を見るのは初めての学生がほとんどで、綺麗に長く剥くのに苦心しながら「かんぴょう剥き」も体験させていただきました。

 また、この春から(株)mfに雇用就農して活躍している農大の先輩の話も聞くことができ、学生達は、今後の就農を考える上で参考になったと思います。

 

01setumei

(株)mfの説明を受ける学生

02kannpyo

実際にかんぴょう剥きも体験

03hoshi

かんぴょうの干し方も見学

 04og

農大卒業生である先輩からの話

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告