重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産酪農研究センター > 飼料用米給与試験で生産した豚肉の官能評価について

更新日:2017年5月17日

ここから本文です。

飼料用米給与試験で生産した豚肉の官能評価について

飼料用米給与試験で生産した豚肉の官能評価を実施しました。

 平成29年5月12日に当センターの職員44名を評価者として豚肉の官能評価を実施しました。

 官能評価とは、評価者がサンプルを試食し、味や香り、食感などの好ましさを判定する科学的な手法です。

 今回は、飼料中の飼料用米の給与割合を0%と50%とし、それぞれの飼料を給与して生産した豚肉の味や香りなどを「どちらが好ましいか」を判定する嗜好型官能評価(2点比較法)を実施しました。

 今回の官能評価の結果は分析中ですが、これらの結果を活かし、引き続き、県内の養豚における高付加価値化に向けた生産者の支援を行っていきます。

 

     kannnou290515      kannnouset290515

            官能評価の様子                            官能評価セット(肉サンプル、記入用紙、水など)                  

 

お問い合わせ

畜産酪農研究センター 企画情報課

〒329-2747 那須塩原市千本松298

電話番号:0287-36-0280

ファックス番号:0287-36-0516

Email:chikuraku@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告