ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産酪農研究センター > 飼料用トウモロコシ不耕起播種作業の公開実演会を開催しました!(4月23日)

ここから本文です。

更新日:2018年4月23日

飼料用トウモロコシ不耕起播種作業の公開実演会を開催しました!(4月23日)

  4月23日、当センターほ場にて、飼料用トウモロコシ不耕起播種機2台の公開実演会を開催しました。

 トウモロコシ栽培の慣行体系では、播種前に耕起・砕土・整地施肥作業が必要ですが、今回実演に用いた機械は、簡易耕起や不耕起状態で播種同時施肥ができるため、作業の手間を大幅に省くことができます。また、天候等の事情で作業日程が押しても適期の播種が容易です。省力化によって燃料消費量やCO2排出量も削減できるため、環境にやさしい農業の実践にもつながります。

 農家の方や関係機関職員23名が集まり、本機の性能や使い方の説明を受け、作業風景を見学しました。参加した皆さんは、播種後、種子がきちんと入っているか、肥料が均一に撒かれているかなどを確認しました。質疑応答では、株間や条間の調節、処理能力などを熱心に聞き取りし、関心の高さが伺えました。

 当センターでは、今後も先端機械の実演会等を開催し、農家の方々や関係機関へ情報提供を行っていきます。

  H30 不耕起播種実演会 H30 ジョンデァ播種

      機械の説明に熱心に聞き入る参加者     不耕起播種機 JD-1755(Johndeere社製)による播種作業

  H30 アグリテクノ矢崎播種   

   高速精度汎用播種機(アグリテクノ矢崎社・農研機構共同開発機)による播種作業

お問い合わせ

畜産酪農研究センター

〒329-2747 那須塩原市千本松298

電話番号:0287-36-0230

ファックス番号:0287-36-0516

Email:rakunou-s@pref.tochigi.lg.jp

広告