ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 畜産関係研究セミナー(草地飼料部会)を開催しました!

ここから本文です。

更新日:2018年12月13日

畜産関係研究セミナー(草地飼料部会)を開催しました!

 畜産酪農研究センターで平成30年11月29日、関連メーカーとの共催により先端農業機械をメインテーマとした畜産関係研究セミナー(草地飼料部会)を開催しました。

 自給飼料増産のためには、飼料生産現場における省力化や労働時間の短縮が重要です。近年、自動操舵トラクタやドローンといった高性能な農業機械が開発され市場に出始めていますが、本県畜産において現場導入はこれからといった状況です。

 県内酪農協職員や市町職員、普及指導員等16名の参加のもと「ICTを活用した農業用機械について」と題し、飼料生産に関連する農業機械の紹介を行いました。自動操舵または直進アシスト機能付きトラクタと、その後部に装着するプラウやパワーハロー、ケンブリッジローラーといったインプルメントについて講師からそれぞれの説明を受け、続いて実演の見学と試乗体験も行われました。また、農薬散布に対応したマルチローター(ドローン)の飛行実演も行われました。参加した皆さんから多くの質問があり、関心の高さがうかがえました。

 併せて、センタ-内展示ほにて、ペレニアルライグラスなど寒地型牧草各種の特徴や見分け方について、実物を見ながら現地研修を行いました。

 当センターでは、今後もセミナー等を通じて自給飼料増産等の支援をしていきます。

 

  機械説明風景 ドローン実演

     熱心に機械の説明を受ける参加者の皆さん              ドローン実演の様子

 展示ほ見学

     寒地型牧草の特徴を学ぶ参加者の様子

お問い合わせ

畜産酪農研究センター

〒329-2747 那須塩原市千本松298

電話番号:0287-36-0230

ファックス番号:0287-36-0516

Email:chikuraku@pref.tochigi.lg.jp

広告