ここから本文です。

更新日:2019年7月19日

肉用牛の暑熱対策について

 気象庁が令和元年6月25日に発表した東日本の向こう3か月の天候の見通しによりますと、7月から9月までの平均気温及び降水量はほぼ平年並みで、9月の平均気温が平年並みか高い見込みです。今年も例年通りの暑い夏であると予想されます。

 和牛繁殖経営では受胎率の下がる暑熱期の繁殖管理をどう乗り切るかが重要です。当センターで肉用牛の暑熱対策についてまとめたマニュアルを作成しましたので、和牛繁殖農家の皆様は是非ご活用下さい。

 

 肉用牛の暑熱対策について(PDF:1,329KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産酪農研究センター

〒329-2747 那須塩原市千本松298

電話番号:0287-36-0230

ファックス番号:0287-36-0516

Email:chikuraku@pref.tochigi.lg.jp

広告