ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 公共交通 > 平成28年度「とちぎエコ通勤week」実施結果について

ここから本文です。

更新日:2016年12月6日

平成28年度「とちぎエコ通勤week」実施結果について

  

通勤時における渋滞緩和及び地球温暖化防止並びに公共交通利活用意識の高揚に資するため、県及び市町村並びに民間等事業所が一斉にエコ通勤に取り組んだ統一行動週間「平成28年度とちぎエコ通勤week」の実施結果について、次のとおりお知らせします。

1 概要

(1)主催

栃木県

(2)協賛

関東自動車(株)・東野交通(株)・ジェイアールバス関東(株)宇都宮支店

(3)後援団体

29団体

(栃木県市長会、町村会、商工・環境関連団体、公共交通事業者、報道各社等)

(4)実施期間

平成28年10月11日(火)~10月17日(月)

2 実施結果

(1)参加事業所数

合計165事業所が参加した。

(2)参加登録人数

合計 37,068名が参加登録した。

(3)エコ通勤率の変化

エコ通勤week期間中のエコ通勤率が、約36.6%となり、通常日に比べて7.2ポイント上昇した。

期間中に、37,068名が参加し、うち13,567名がエコ通勤した。

h28エコ通勤結果

(4)路線バス事業者との連携

ア バス100円乗車証発行(協賛:路線バス3社(関東、東野、JRバス関東))

普段マイカー通勤の方が路線バス利用によるエコ通勤を体験しやすくなるように、エコ通勤week期間中、1回100円の運賃で乗車できる「バス100円乗車証」を発行した。【発行実績:515枚(延べ使用回数:893回)】

イ バスマスク掲出(協力:栃木県バス協会)

とちぎエコ通勤weekの認知度を高めるため、路線バスの車体フロント面にバスマスクを掲出し、周知を図った。【掲出実績:約300台(関東、東野、JRバス関東の計)】

ウ 路線バス利用促進キャンペーン(主催:栃木県バス協会)

エコ通勤week期間中、JR宇都宮駅を経由する路線バスの一部車内に掲出されたラッキーナンバーを見つけて応募すると、抽選で賞品が当たる「路線バス利用促進キャンペーン~ラッキーバスに乗ろう~」を実施した。【応募実績:236通】

(5)参考

エコ通勤weekの取組の効果をCO2抑制量で試算すると、以下のとおりであった。

約31トン-CO2(7日間計)
※自動車からエコ通勤に転換した方が、全てバス通勤したと仮定し試算
※31トン-CO2は、杉の木約2,200本が1年間に吸収するCO2量に相当

(添付資料)

平成28年度「とちぎエコ通勤week」実施レポート(PDF:225KB)

(参照URL)

http://www.pref.tochigi.lg.jp/h03/eco-tsukin/lets-start-eco-tsukin.html

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通政策課 交通企画担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2187

ファックス番号:028-623-2399

Email:kotsu@pref.tochigi.lg.jp