ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 河川課 > 河川監視の強化を図りました~危機管理型水位計、簡易型河川監視カメラの設置を行いました~

ここから本文です。

更新日:2020年12月22日

河川監視の強化を図りました~危機管理型水位計、簡易型河川監視カメラの設置を行いました~

 栃木県では現在、県管理河川において、常設水位計を38河川64箇所、CCTVカメラを15河川15箇所に設置し、インターネット等により情報提供をしています。

 これとは別に、昨年(平成31年)、河川監視体制の強化を図るため、危機管理型水位計を18河川19箇所に設置し、平成31(2019)年3月20日(水)から運用を開始しています。

 また、令和元年東日本台風による豪雨で、水位計やカメラのない河川でも越水・溢水により大規模な浸水被害が発生したことを受け、本年(令和2年)、危機管理型水位計の増設、簡易型河川監視カメラの設置を行い、更なる河川監視体制の強化を図りました。

 

1 本年(令和2年)設置箇所数

  危機管理型水位計 54河川72箇所 

  簡易型河川監視カメラ 35河川57箇所

 

2 現時点での設置箇所数

  危機管理型水位計 65河川91箇所

  簡易型河川監視カメラ 35河川57箇所

 

3 運用方法

 「川の水位情報」サイト及び「とちぎリアルタイム雨量河川水位観測情報」サイトにより閲覧できます。

 「川の水位情報」URL: https://www.river.go.jp/(外部サイトへリンク)

 「とちぎリアルタイム雨量河川水位観測情報」URL:https://www.dif.pref.tochigi.lg.jp/(外部サイトへリンク)

 

 ※ 危機管理型水位計とは

  洪水時のみの水位観測に特化した低コストな水位計です。特徴は次のとおりです。

  (1)洪水時のみ観測(一定水位から観測開始)

  (2)長時間のメンテナンスフリー(無給電で5年観測)

  (3)設置場所を選ばない(電源がソーラー式、通信がワイヤレス)

  (4)初期コスト、通信コストの低減

 

※ 簡易型河川監視カメラとは

  5分毎の定点監視を行う低コストな監視カメラです。特徴は次のとおりです。

  (1)5分毎の定期的な観測

  (2)長時間のメンテナンスフリー(無給電で5年観測)

  (3)設置場所を選ばない(電源がソーラー式、通信がワイヤレス)

  (4)初期コスト、通信コストの低減)

  (5)夜間でも撮影可能(月明かり程度でも撮影できる)

 

 関係資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

河川課 県土防災対策班 災害チーム

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2445

ファックス番号:028-623-2441

Email:kasen@pref.tochigi.lg.jp

広告