重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 社会基盤 > まちづくり > 開発許可 > 都市計画法に基づく開発許可について > 令和元年台風19号被害による開発許可等申請手数料の免除について

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

令和元年台風19号被害による開発許可等申請手数料の免除について

   令和元年台風19号により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

   令和元年台風19号により被災された方が、栃木県が開発許可権限を有する市町に住居の移転等を行う際に、都市計画法(以下「法」という。)に基づく開発行為の許可等を申請する場合において、申請手数料が免除になる場合があります。

免除の対象となる方

   令和元年台風19号による建築物被害の「り災証明書」又は「被災証明書」の発行を受け、以下の申請を行う方。

  • 建築物の用途や被害の程度(全壊、半壊、床上浸水、床下浸水)は問いません。

対象手数料

  1. 法第29条の規定に基づく開発行為の許可の申請手数料
  2. 法第35条の2の規定に基づく開発行為の変更の許可の申請手数料
  3. 法第41条第2項ただし書の規定に基づく建築の許可の申請手数料
  4. 法第42条第1項ただし書の規定に基づく建築等の許可の申請手数料
  5. 法第43条の規定に基づく建築等の許可の申請手数料
  6. 法第45条の規定に基づく開発許可を受けた地位の承継の承認の申請

対象期間

   令和元(2019)年10月12日から令和3(2021)年10月11日までの2年間

対象の開発区域・建築地

   栃木県が開発許可権限を有する14市町すべて

  • 矢板市、さくら市、那須烏山市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町

申請書類

  1. 免除申請書(様式第1号)
  2. 市町村発行の「り災証明書」又は「被災証明書」

り災証明書の発行市町村が災害救助法の適用区域であるかは問いません

担当窓口(事前に御相談ください)

   上記内容の御相談は、栃木県県土整備部都市計画課まで御連絡くださいますようお願いします。

 

課名 連絡先 住所 所管市町

栃木県県土整備部

都市計画課開発指導担当

028-623-2466/2467 宇都宮市塙田1-1-20

矢板市、さくら市、那須烏山市、

上三川町、

益子町、茂木町、市貝町、芳賀町

壬生町、野木町

塩谷町、高根沢町

那須町、那珂川町

   上記以外の市は各市開発許可業務担当窓口に直接お問い合わせください。

   建築確認申請手数料の免除も実施していますので、建築課のページを御確認ください。

申請書等

お問い合わせ

都市計画課 開発指導担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2466

ファックス番号:028-623-2595

Email:toshikei@pref.tochigi.lg.jp