ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 下水汚泥等の放射性物質の調査結果について

ここから本文です。

2017年10月12日発表

下水汚泥等の放射性物質の調査結果について


1 調査目的

 栃木県が管理する下水道資源化工場及び6流域下水道浄化センターにおける下水汚泥等から放射性物質が検出されたことにより、継続して放射性物質濃度のモニタリングを行っているものです。当面の間は1ヶ月に1度、測定を実施します。

2 調査結果

 直近3ヶ月の調査結果は次のとおりです。また、平成23年5月からの調査結果は別添のとおりです。

下水道施設名 試料名

放射性セシウム濃度(注1)ベクレル/kg

9月6日

8月9日

7月5日
下水道資源化工場
(宇都宮市茂原)
スラグ - - -

溶融飛灰(注2)

- - -

焼却灰

230 180 320
鬼怒川上流浄化センター
(日光市町谷)
下水汚泥

30

30

20

巴波川浄化センター
(栃木市城内町)
下水汚泥 検出せず 検出せず 検出せず
北那須浄化センター
(大田原市宇田川)
下水汚泥 30

30

検出せず
県央浄化センター
(上三川町多功)
下水汚泥 検出せず 検出せず 検出せず
大岩藤浄化センター
(栃木市藤岡)
下水汚泥 検出せず 検出せず 検出せず
思川浄化センター
(野木町野木)
下水汚泥 検出せず 検出せず 検出せず

※ 「検出せず」は検出限界値(20)未満(H26.4~)。「-」は生成なし。

注1 放射性セシウム:Cs-134、Cs-137の合計

注2 溶融飛灰とは溶融処理の過程で発生するごみで、排ガス中に含まれている微粒子を排ガス処理装置のバグフィルターで除去したものです。

お問い合わせ

都市整備課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2504

ファックス番号:028-623-2477

Email:tseibi@pref.tochigi.lg.jp

広告