ここから本文です。

更新日:2015年5月31日

増改築における建築確認申請の手続きについて

 既存不適格建築物の増築、改築、大規模の修繕又は大規模の模様替(以下「増築等」という。)において、建築基準法第86条の7に規定する制限を緩和の適用を受ける場合には、既存不適格調書を確認申請書に添付する必要があります。

 栃木県では、法に定められた「既存不適格調書」の申請書類の様式を建築基準法施行細則で定め申請時に添付ておりますので、確認申請については、この様式を添付して申請をしていただきますようお願いします。

 また、木造住宅(法6条第1項第4号建築物)である既存不適格建築物に増改築等する場合についても、建築基準法第86条の7については確認の特例が適用されないため、既存不適格調書の添付が必要となりますのでご注意ください。

  

様式

記載例

その他

 

 

お問い合わせ

建築課 建築指導班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2514

ファックス番号:028-623-2527

Email:kenchiku@pref.tochigi.lg.jp

広告