ホーム > 社会基盤 > 住宅・建築 > 住宅 > 大規模盛土造成地マップの公表について(8市町の追加)

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

大規模盛土造成地マップの公表について(8市町の追加)

 全国では、大地震の際、谷間や山の斜面を大規模に盛土した住宅団地等(以下、「大規模盛土造成地」という。)において、滑動崩落の被害が多く発生しています。

 県では、県内の大規模盛土造成地の存在周知と防災意識を高めることなどを目的として、その抽出調査を実施しており、この度、既に公表している16市町に追加して8市町のマップを公表します。
(中核市である宇都宮市は別途公表予定  リンク先はこちら(外部サイトへリンク) )  

 なお、抽出された大規模盛土造成地については、県と市町において盛土の状況を目視により調査した結果、特に危険な事象が生じているものは確認されませんでした。

 今後とも、大規模盛土造成地については、擁壁などが適正に管理されるよう所有者等に対して注意喚起を行うとともに、市町と協同しながらモニタリングを実施し、必要に応じて安全性を確認するなど、大地震時等における災害防止に努めていきます。

大規模盛土造成地とは

 谷間や山の斜面に盛土を行った造成宅地のうち、以下の要件に該当するものを「大規模盛土造成地」と呼びます。

  ・谷埋め型:盛土をした土地の面積が3,000m²以上

  ・腹付け型:盛土をする前の地山の傾斜が20度以上の角度かつ盛土高5m以上

大規模盛土イメージ図

(出典:国土交通省ホームページ)

大規模盛土造成地マップ

 大規模盛土造成地マップは、造成前後の地形図、空中写真などの地形情報をもとに、一定規模以上の盛土が行われた造成地を抽出したものです。

【調査手順】

 1.調査対象区域の設定

 2.新旧地形図を重ね合わせて、大規模盛土造成地を抽出

 3.大規模盛土造成地の位置と規模の把握

 4.大規模盛土造成地マップの作成

調査結果(追加公表8市町:日光市、大田原市、矢板市、那須塩原市、那須烏山市、塩谷町、那須町、那珂川町)

No

市町名

盛土数

内訳

谷埋め型

腹付け型

 足利市   PDF1

6  

 栃木市   PDF2

 5

 佐野市   PDF3

19

14

 鹿沼市   PDF4

38

38

 日光市   PDF5  PDF6  PDF7

10

 小山市   PDF8

14

14

7

 真岡市   PDF9

20

13

8

 大田原市  PDF10

9

 矢板市   PDF11

38

28

10

10

 那須塩原市 PDF12

11

 さくら市  PDF13

45

43

12

 那須烏山市 PDF14

11

11

13

 下野市   PDF15

14

 上三川町  PDF16

15

 益子町   PDF17

16

 茂木町   PDF18

35

33

17

 市貝町   PDF19

18

 芳賀町   PDF20

12

12

19

 壬生町   PDF21

20

 野木町   PDF22

21

 塩谷町   PDF23

22

 高根沢町  PDF24

23

 那須町   PDF25  PDF26

24

 那珂川町  PDF27

 

 県合計   PDF28

312

271

41

 

マップの閲覧について 

 公表するマップについては、上記ファイルのほか、県住宅課および各市町の担当窓口にて閲覧することが出来ます。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

住宅課 企画支援担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2484

ファックス番号:028-623-2489

Email:jyutaku@pref.tochigi.lg.jp

広告