ホーム > 社会基盤 > 住宅・建築 > 住宅 > 長期優良住宅関係情報 > 認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査について

ここから本文です。

更新日:2016年10月17日

認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査について

 

 「長期優良住宅」とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成21年6月施行)」に規定される、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造及び設備に講じられた住宅です。

 認定長期優良住宅は、認定計画実施者等が認定された長期優良住宅建築等計画に基づいて、維持保全(点検・修繕等)を行い、その状況に関する記録を作成・保存することが法令上義務付けられています。

 詳細については、パンフレット「長期優良住宅を受けられたみなさまへ」(PDF:151KB)をご覧ください。

 本県では、認定計画実施者による適切な維持保全、記録の作成・保存が行われているかを確認するため、平成27年度より、同法12条に基づく認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査を実施しています。

調査の概要

 1 報告対象者

  ・認定計画実施者の中から無作為に抽出された対象者 

 

 2 報告対象住宅

 

  ・認定長期優良住宅のうち、原則建築後5年を経過した住宅

  ・平成28年度は、認定長期優良住宅のうち平成22年10月~平成23年9月に完成した住宅を対象としています。

 

 

 3 報告内容

 

  ・報告する内容は、次のとおりです。

    (1) 住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録等の保存状況

    (2) 住宅の維持保全状況

    提出書類:認定長期優良住宅の維持保全状況等に関する報告書(別紙)(Wordファイル:19KB)

         記入例(PDF:101KB)

 

 4 報告の方法

  ・報告部数は1部です。持参、郵送またはFAXにてご提出をお願いいたします。

 

 5 報告先及び問い合わせ先

 

住宅の所在地 事務所名 担当 所在地 電話番号・FAX

那須烏山市、上三川町、

高根沢町、那珂川町

宇都宮土木事務所 建築指導担当 〒321-0974
宇都宮市竹林町1030-2

TEL:028-626-3139

FAX:028-643-0369

真岡市、益子町、茂木町、

市貝町、芳賀町

真岡土木事務所 建築指導担当 〒321-4305
真岡市荒町1171-4

TEL:0285-83-8308

FAX:0285-83-8364

下野市、壬生町、野木町    栃木土木事務所 建築指導担当 〒328-8504
栃木市神田町6-6

TEL:0282-23-3748

FAX:0282-23-3544  

矢板市、さくら市、
塩谷町、那須町

大田原土木事務所 建築指導担当 〒324-8765
大田原市紫塚2-2564-1

TEL:0287-23-6615

FAX:0287-23-5946

 

 

よくあるご質問

維持保全とは、具体的に何をすればいいですか?

 A 維持保全とは、定期的な点検・補修のことです。

  長期優良住宅の普及の促進に関する法律第2条第3項では、以下の住宅の部分又は設備について、点検又は調査を行い、

  必要に応じて修繕や改良を行うこととしています。

  1 住宅の構造耐力上主要な部分(住宅の基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材、床版、屋根版又は横架材など)

  2 住宅の雨水の進入を防止する部分(屋根もしくは外壁またはこれらの開口部等)

  3 住宅の給水又は排水の設備(設ける給水・排水の配管設備)

 記録の保存とは、具体的に何を保存すればいいですか?

 A 長期優良住宅の普及の促進に関する法律第11条第1項により、長期優良住宅の建築や維持保全の状況などに関する記録を作成し、保存する義務があります。

  ■認定長期優良住宅における記録の作成と保存について(国土交通省HP) 

 

長期優良住宅建築等計画のとおり点検していなかった。どうすればいいですか?

 A まずは、その旨を「認定長期優良住宅の維持保全状況等に関する報告書」に記載して提出してください。

    計画どおり実施しなかった合理的な理由がある場合は、適切に維持保全していると判断します。当初の「長期優良住宅建築等計画」の維持保全計画を変更する場合は、変更の認定申請手続きを行ってください。

維持保全を行わなかった場合どうなりますか?

 A 所管行政庁からの是正指導や改善命令があったにもかかわらず、改善されない場合、または認定計画実施者から維持保全を取りやめる旨の申出があった場合には、長期優良住宅の認定を取り消すことがあります。

定期点検を事業者に委託していたが、倒産しました。どうすればいいですか?

 A 建築後の住宅の維持保全の方法が変更になる場合には、法第8条に基づく変更の認定申請をしてください。

 

維持保全が大変なので、認定の取りやめの手続きを考えています。この手続きを提出期限までに行えば、報告はしなくてもいいですか?

 A その場合も報告は必要となります。

 

関連リンク 

  国土交通省(長期優良住宅法関連情報)(外部リンク)   

  

(外部リンク) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

住宅課 企画支援担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2484

ファックス番号:028-623-2489

Email:jyutaku@pref.tochigi.lg.jp

広告