ホーム110番の利用方法>110番の正しいかけ方

110番の正しいかけ方

110番は、事件事故などが発生したときの「緊急電話」です。
 お急ぎでない相談・照会・質問等は♯9110にお願いします。
 (#9110は、一部のIP電話からは利用できません。)

110番をかける場合は局番なしの「110番」をプッシュしてください。

  • 何があったのか? (喧嘩・交通事故・泥棒・不審者等)
  • いつ? (今、今から何分位前)
  • どこで? (住所を言うのが一番早い・目標物等)
     場所については、次のようなものでも確認できます。
    場所確認
  • 犯人は? (人数・特徴・逃走方向・逃げた車)
  • どんな状況 (けが人や事件・事故のあらまし)
  • あなたの住所・氏名・電話番号 (事件・事故との関係)

携帯電話からの110番の注意点

  • 移動しながら話さないでください。
    移動しながらの通話は、声が聞こえにくいうえ、電波状態が不安定になったり、通話途中で切れてしまうことがあります。
    また、車の運転中の携帯電話の使用は危険であり、交通違反となります。車両運転中の場合は、必ず車両を停止させてから通報してください。
  • 通報後も電源を入れたままにしておいてください。
    通報内容の確認のため、警察官が通報者に電話をかけ直すことがあります。電源は入れたままの状態にしてください。

110番のいたずら等はやめよう。

110番のいたずら等の電話はやめてください。また、良く確かめて110番し、間違い電話に気をつけましょう。

栃木県広報用統一標語

メイン標語    110番 慌てず 急がず 冷静に

サブ標語     悩み事 話して安心 #9110