宇都宮中央警察署

コンテンツ
 
 

 栃木県警ホームへ

交番・駐在所案内

宝木本町駐在所

写真

■所在地・電話番号

所在地:宇都宮市宝木本町1695番地5
電話番号:028−665−2604

■管内の特徴等

 宝木本町駐在所は、明治35年に国本村の半田市郎村長からの強い要望により、国本村仁良塚巡査駐在所として新設された、昭和43年に宇都宮警察署が宇都宮中央警察署と宇都宮東警察署に分離されたことから、同駐在所の名称も宇都宮中央警察署宝木本町駐在所に変更になり、人口増加に伴い、平成20年からは2人体制となりました。駐在所は、宝木本町、新里町、岩原町の3町を受持ち、管内にはベッドタウンが広がる一方、農村部も広がっています。また、農林公園ろまんちっく村、栗谷沢ダム等があり、新里町の農家が栽培している「新里ネギ」は大変有名です。

■管内基礎データ

人口:10,326人
世帯数:4,051世帯

■駐在所からのお知らせ

 宝木本町地内では、車内から金品等を窃取する車上狙いや、自転車盗が発生しています。また、新里町、岩原地内においても、車上狙いが発生しています。車から離れる際は、必ず鍵をかけ、また、貴重品などは置かないように心掛けましょう。また、不審者や不審な車を見かけたら、服装やナンバー等をメモして110番通報して下さい。

■交番・駐在所連絡協議会開催状況

  • 協議会名:宝木本町駐在所連絡協議会
  • 設置年月日:平成5年12月
  • 会員数:16名
  • 協議会の紹介
    宝木本町駐在所連絡協議会は、地域の安全を担う駐在所の警察官と地域住民との結びつきを 強め、相互理解のもとに、犯罪の予防、少年の非行防止及び交通事故防止を図り、安全で安心な街づくりを 目指しています。