那須烏山警察署

コンテンツ

 栃木県警ホームへ

那須烏山警察署

所在地

那須烏山警察署
那須烏山市初音3番6号
電話:0287−82−0110

沿革

明治7年 警察署の新設に伴い、烏山町454番地に仮庁舎設置
明治10年2月9日 大田原警察署烏山分署として新設され、烏山町・七合村・境村・向田村・荒川村・ 下江川村・馬頭町・武茂村・那珂村・大内村の二町八村を管轄した。
明治15年7月 烏山町字金井町68番地に新庁舎建設し、移転
大正11年6月30日 烏山警察署に昇格
大正11年7月1日 新庁舎新築移転
昭和2年5月1日 那須郡大山田村が管内に編入
昭和23年3月7日 烏山地区警察署に改称し、熟田村、北高根沢村が管轄となる。
昭和26年10月1日 自治体警察署が廃止され、管轄は烏山町・小川町・七合村・境村・向田村・荒川村・ 下江川村の二町五村になる。
昭和28年5月1日 小川町は馬頭警察署管轄に編入となる。
昭和29年4月1日 町村合併により、烏山町・下江川村・荒川村の一町二村が管轄となる。
昭和29年6月1日 下江川村・荒川村の合併により、南那須村が発足し、烏山町・南那須村が管轄となる。
昭和29年10月20日 烏山町893番地に新庁舎を建築、移転した。
昭和46年9月1日 南那須村の町制施行により烏山町・南那須町が管轄となる。
昭和55年3月25日 烏山町初音3番6号に烏山警察署を新築
平成18年4月1日 平成17年10月1日、烏山町と南那須町が合併し「那須烏山市」の誕生に伴い 「那須烏山警察署」に改名された。

管内の地理・特徴

 那須烏山市は、平成17年10月1日、烏山町及び南那須町が合併して誕生した。県北東部に位置し、茨城県と接している。八溝山系に囲まれた自然環境豊かな農村地帯で、過疎化と高齢化が進み 人口は微減の状態である。歴史と伝統のある町として栄え、毎年7月に開催される「山あげ祭」は平成28年12月1日ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

管内基礎データ

人口   27,600人
世帯数  10,622世帯
面積   174.35平方キロメートル
人口密度 158人/平方キロメートル

交通アクセス

JR烏山線 烏山駅下車(終点) 徒歩5分

警察署所在地略図

警察署所在地略図はこちら

管内略図

管内略図はこちら

けいさつしょだより

けいさつしょだよりダウンロード