那須塩原警察署

コンテンツ
 
 

 栃木県警ホームへ

交番・駐在所案内

鍋掛駐在所

写真

■所在地・電話番号

所在地:那須塩原市鍋掛36番地2
電話番号:0287−62−3516

■管内の特徴等

駐在所の沿革

明治34年2月1日 鍋掛村巡査駐在所
黒磯分署管轄として設置
大正4年6月1日 越堀46へ移転  名称はそのまま)
昭和23年3月7日 国家地方警察鍋掛村駐在所
昭和26年10月1日 国家地方警察から栃木県警察となる。
昭和30年1月1日 黒磯町鍋掛巡査駐在所と名称変更
昭和38年4月1日 那須塩原警察署鍋掛駐在所と名称変更
昭和51年2月12日 越堀47−2へ新築移転
平成3年1月24日 現在の鍋掛36−2へ新築移転

 駐在所の管内には、松尾芭蕉の句碑、イトヨの里、栃木県指定天然記念物エドヒガン桜、寺子一里塚等があります。
 管内のほとんどが農村地帯ですが、鍋掛地内には、新興住宅地があり、更なる人口、世帯数の増加が見込まれます。

■管内基礎データ

人口:7,204名
世帯数:2,380世帯

■駐在所からのお知らせ

 駐在所等での車上ねらいの被害が多発しています。車を離れる際には、必ずドアロックをし、外から見える場所に小銭やバックを置いたままにしないでください。
 駐車場を徘徊する不審者・不審な車を見かけたら、服装やナンバー等の特徴をメモして110番通報してください。
 管内の道路では、追突事故、交差点における出会い頭の衝突事故が多発しています。
 走行中は、車間距離を十分にとり脇見をしない。交差点では、左右の安全を十分に確認する等交通事故に努めてください。

■交番・駐在所連絡協議会開催状況

  • 協議会名:鍋掛駐在所連絡協議会
  • 設置年月日:平成7年12月4日
  • 会員数:10名
  • 協議会の紹介
    鍋掛駐在所連絡協議会の安全を担う鍋掛駐在所と管内に住む住民との結びつきを強め、相互協力のもとに、犯罪の予防検挙、少年非行の防止及び交通事故の防止を図り、明るい町づくりを目指す事を目的に設置されました。
■最近の開催状況
  • 開催年月日:平成20年5月20日
  • 開催結果
     鍋掛地内エイトタウンにおいて、防犯パトロール、防犯チラシ等の配布を実施。その後、管内の防犯・交通安全について話合いました。