矢板警察署

コンテンツ

 栃木県警ホームへ

警察署長あいさつ

署長写真   矢板警察署は、明治13年7月に喜連川警察署矢板分署として設置され、明治20年1月に矢板警察署と改称されました。奇しくも、本年3月に着任した私が100代目の矢板警察署長となりましたが、矢板市、塩谷町の治安を預かるその重責に身が引き締まる思いです。
 管内は、矢板市、塩谷町にまたがる高原山系を地元のシンボルとして愛されるみどり豊かな自然に恵まれた、人情味にあふれる風光明媚な地で、栃木県内東西南北を結ぶ交通の要所です。
 ここ数年、事件事故の認知発生件数は減少傾向にありますが、いまだに、住民の身近なところで特殊詐欺や交通事故などが発生しております。
 矢板市、塩谷町の皆様が一層安全安心が実感できる街づくりに我々職員一同も全力で取り組んでまいります。
 引き続き、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

署長サイン