ホームお知らせ>災害に備えて

災害に備えて

県民へのお願い

  1. 各市町村で策定する防災計画をチェック
    • 災害危険箇所
    • 避難場所・自宅からのルート
  2. 宇都宮地方気象台が発表する、防災気象情報をチェックし、早め早めの準備を
  3. 避難時の注意点
    • 必ず火の始末を
    • 道路冠水時は側溝やマンホールに注意(なるべく歩かないように)
    • 倒れやすいブロック塀等の近くや狭い道路は歩かない
    • 地域ぐるみで、一人暮らしの老人や体の不自由な方を災害から守りましょう
震度と被害(抜粋)
震度 人の状況 屋内外の状況
5弱 多くの人が身の安全を図ろうとする つり下げ物が激しく揺れ、食器、書類が落ちることがある
5強 非常に恐怖を感じる テレビ、タンスが倒れることがあり、一部ドアが開かなくなる
6弱 立っていることが困難になる かなりの建物で壁のタイルや窓ガラスが破損・落下する
6強 立っていられず這わないと行動できない 耐震性の低い住宅では倒壊が始まり、耐震性が高い住宅でも被害
雨の強さと被害(抜粋)
予報用語 雨の強さ 災害発生状況
強い雨 20〜30mm/h
どしゃ降り
側溝や下水・小さな川が溢れ、崖崩れが始まる
激しい雨 30〜50mm/h
バケツをひっくり返したような雨
山(がけ)崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要。都市部では下水管が溢れる
非常に激しい雨 50〜80mm/h
滝のような雨
土石流が起こりやすくなり、マンホールから水が噴出する

気象庁作成の 「気象庁震度階級関連解説表」・「雨の強さと降り方」から抜粋

非常持ち出し品一覧表(参考)
食料品など 飲料水・缶詰・レトルト食品・乾パン・ナイフ・缶切り等
医薬品など 救急医療品・常備薬・ヘルメット・地図・丈夫な靴等
貴重品・お金 現金(小銭も)・預金通帳など、印鑑・ 健康保険証等
衣類 下着・タオル・寝袋・雨具・その他必要な着替え
日用品 懐中電灯・ラジオ・電池・ロープ・マッチやライター・使い捨てカイロ・マスク・紙おむつ・生理用品・ティッシュ・筆記用具・厚手のゴミ袋等

日頃から「家族みんな」で防災について話し合いましょう!

家族