ホームお知らせ安全登山のお知らせ>山の事故を防ぐために

山の事故を防ぐために

山に登る前にしておくことは何?

○ 事前準備

登山する山の実態をよく調べ、登山の経験や技術、自分の体力に適した山を選び、無理のない日程を組むことが大切です。

登山道の状態は、毎年変化しています。一度登った山でも、最新のガイドブックや地図でルートを確認しましょう。

○ 単独登山は危険

写真

単独登山は、迷子になりやすい上、怪我を負った場合に、救助を求めることができないまま遭難する危険があります。必ず経験豊富な人をリーダーに、複数で登山してください。

○ 登山に適した服装

汗や突然の雨が体を冷やし、体力を消耗させます。透湿発汗機能に優れた乾きやすい服やズボンを着用し、登山靴やトレッキングシューズなどを履いてください。
 日射病や手の怪我を防止するため、帽子や手袋も忘れずに。

○ 山を甘く見ず十分な装備

山の天候は変わりやすいので、雨具や防寒着を準備してください。
 登山道が記載された地図やコンパスを携行するほか、スマートフォンのGPS機能も上手に活用しましょう。
 日暮れまでに下山できない時に備えて、照明具も忘れずに。

○ 万一の遭難時に役立つ装備

写真

携帯電話や無線機等、緊急時の連絡手段を確保しておくほか、チョコレートなどの高カロリーの予備食料を準備しましょう。
 傷薬、包帯などの救急セットも忘れずに。
 遭難した際に、ヘリコプターや捜索隊に自分の位置を示すため、黄色やオレンジなど目立つ色の大きめのタオルや鏡、ホイッスルなどがあれば安心です。

○ 持病のある人は、事前に医師に相談し無理な登山はやめましょう。

○ 登山計画書の提出

行き先や登山ルートを家族に教え、登山計画書を提出しましょう。
 登山計画書は、登山口の登山ポストに投函してください。ポストがない場所は、地元の警察署や所属山岳会などで受け付けています。

<様式>
・様式は自由
<記載事項>
・登山日程とルート
・参加者の住所、氏名、年齢、連絡先
・持参する装備、食料
・持参する通信手段(携帯電話番号、無線のコールサインなど)

登山当日の注意事項は何?

写真

○ 体調が良くない時は無理せず登山を中止しましょう。

登山中に体調が悪くなった場合も、絶対に無理をせず、必ず仲間に付き添って貰ってすぐに下山してください。

○ 天気予報を確認し、荒天時や悪天候が予想されるときは登山しないでください。

○ 日暮れまでには必ず下山してください。

日程に遅れが出たら、計画を変更して、必ず日没前に下山してください。
  暗くなったらその場を動かず、朝を待つ勇気が大切です。

 

日光白根山と五色沼

那須岳