ホーム交通規制>駐車監視員活動ガイドライン

駐車監視員活動ガイドライン

平成18年6月1日 道路交通法の一部改正

1 車両の所有者など(※)を対象とした放置違反金の制度が導入されています。

(1) 放置駐車違反が確認された車両について、運転者が反則金を納付するなどしない場合は、その車両の使用者に対して、放置違反金(反則金と同額の金銭)の納付が命ぜられる場合があります。
 (2) 放置違反金の納付を繰り返し命ぜられた常習違反者に対しては、一定期間、車両の使用を制限する命令がなされます。
  ※ 法律上は、車両を使用する権限を有し、車両の運行を支配、管理する「車両の使用者」が義務の主体とされ、割賦販売された車両やリース車両などについては車両の所有者と一致しないこともあります。

2 民間の駐車監視員が放置駐車違反の確認を行います。

(1) 警察官以外にも、民間の駐車監視員が、巡回し、放置駐車違反の車両を確認した場合は、その車両に確認標章を取り付けます。
 (2) 駐車監視員は、地域実態等に応じて策定・公表された「駐車監視員活動ガイドライン」の定める路線・地域等を重点に活動します。

3 悪質・危険、迷惑な違反に重点を置き、短時間の放置駐車も取締ります。

短時間の駐車もその反復により交通の安全と円滑に大きな支障を及ぼすことから、放置駐車違反であることが確認された車両については、駐車時間の長短にかかわらず、確認標章の取付対象とし、良好な駐車秩序の確立を目指すこととしています。

4 放置違反金を納付しないと車検を受けられなくなります。

放置違反金を滞納して公安委員会による督促を受けた者は、滞納処分による強制徴収の対象となるほか、滞納が解消されない限り、車検手続きを完了することができません。


駐車監視員活動ガイドライン

駐車監視員活動ガイドラインとは、駐車監視員が重点的に活動する路線、地域等を定めたもので、県内では、宇都宮地区と小山地区においてガイドラインを策定・公表しています。
 駐車監視員は、警察署長の委託を受けた法人の下で、地域を巡回し、放置車両の確認や確認標章の取付けなどを行う人のことであり、法律上の資格が必要とされます。(反則告知をしたり、金銭を徴収したりすることはありません。)
 なお、警察官は、ガイドライン以外の場所でも、違法駐車の状況、駐車苦情等に応じて取締りを行います。

★ 駐車監視員活動ガイドライン
★ 駐車監視員活動ガイドライン略図
★ 駐車監視員活動ガイドラインにおける放置車両確認標章取付け状況

放置車両確認機関(放置車両確認事務の民間委託状況)

1 委託期間:平成28年4月1日から平成31年3月31日まで
(1) 放置車両確認機関の名称
株式会社コアズ 栃木支社
(2) 主たる事務所の所在地
栃木県小山市駅東通り1−8−28
(3) 確認事務を行う区域
宇都宮中央警察署・宇都宮東警察署及び宇都宮南警察署の管轄区域
2 委託期間:平成31年4月1日から平成34年3月31日まで
(1) 放置車両確認機関の名称
株式会社コアズ 栃木支社
(2) 主たる事務所の所在地
栃木県小山市駅東通り1−8−28
(3) 確認事務を行う区域
宇都宮中央警察署・宇都宮東警察署及び小山警察署管内の管轄区域