ホーム子どもの安全>子どもの安全確保について

子どもの安全確保について 〜 子どもたちの安全にご協力下さい 〜

保護者の皆様へ

子どもを狙った犯罪は、いつどこで起こるか分かりません。子どもを犯罪から守るために、ご家庭で「自分の身は自分で守る」ことをお子さんに教え、次の点について繰り返しご指導下さい。

  • 一人では遊ばない。
  • 「誰と」「どこで」「何をするか」「何時ごろ帰宅するか」を必ず伝えてから外出させる。
  • 何かあったら大声で助けを呼ぶ。(日頃から「助けて!」と大声を出す訓練をする。)
  • 外出時には防犯ブザーを携帯し、その使い方を練習しておく。また電池が切れていないか、定期的に点検する。
  • 近所の「子ども110番の家」やお店などを確認しておく。
  • 危険な目や嫌なことがあったら、直ぐに知らせる。

小さなお子さんの保護者の皆様へ

未就学児等、小さなお子さんは思わぬ行動に出がちです。
 興味を持つと、いつの間にか保護者から離れてしまう場合があります。
 お子さんと手をつなぐ等、常に視界に入れ目を離さないようにしてください。


大型店舗のおもちゃ売り場等でお子さんを一人にしていませんか・・・。

地域の皆様へ

子どもたちが安心して生活ができるよう、地域ぐるみの防犯活動にご協力をお願いいたします。

  • 普段からあいさつをして地域での交流を深めておきましょう。見慣れない人にも「おはようございます」「こんにちは」と一声かけることが、防犯に繋がります。
  • 落書きやゴミの散乱、放置自転車などの住環境の乱れを犯罪者は好みます。こうした乱れを地域で改善しながら、犯罪者を排除しましょう。
  • 不審な行動をする者や見慣れない車を目撃したら、不審者の特徴やナンバーをメモするなどして、直ぐに警察に110番通報して下さい。
  • 一人で遊んでいたり、遅くまで遊んでいる子どもがいたら、早く帰るよう促しましょう。
  • 地域で、83運動(午前8時と午後3時に、買い物や犬の散歩、戸外の清掃などを行いながら、登下校の子ども達を見守る活動)にご協力下さい。

こどものみなさんへ 〜ゆうかいにあわないために〜

ゆうかいにあわないために

栃木県警察本部生活安全企画課