ホーム犯罪被害にあわないために女性の安全 〜犯罪被害に遭わないために〜>〜女性のための〜 住まいの安全対策

〜女性のための〜 住まいの安全対策

〜侵入を防ぐために〜

  • 外出時、就寝時は、ドアや窓の鍵を必ずかけましょう。
  • 来訪者を確認してからドアを開けましょう。
  • 下着は人目につかないところに干しましょう。
  • 郵便物や明細書等は裁断し、個人情報が分からない様にして捨てましょう。
  • 帰宅時は、周囲を確認してから家に入りましょう。
  • 家に入ったら直ぐに鍵をかけましょう。
  • 長期不在時は、郵便、新聞の配達を一時的に止めましょう。
  • 夜間不在時は、照明やテレビのタイマー機能を活用しましょう。

〜一人暮らしの方へ〜

  • 普段から近所づきあいをして、何かあった時隣人に助けを求められるようにしましょう。
  • 表札や郵便受けの表示は名字だけにしましょう。
  • 郵便受けには鍵をかけ、郵便物の氏名等を見られないようにしましょう。
  • 一見して女性をイメージさせる色や柄のカーテンはできるだけ避けましょう。
  • 玄関ドアの郵便受けはのぞかれないように工夫しましょう。
  • 屋外に干した洗濯物はこまめに取り込みましょう。
  • 女性ものの衣類だけを干すのを避けましょう。
  • 演技でも、玄関に入る時は「ただいま。」と言ったり、チャイムを鳴らしてから鍵を開けて入りましょう。

「うちは2階だから大丈夫。」と言って、玄関しか施錠しなかったり、夏場、窓を開けたまま寝ていませんか?
 犯人は隣家のベランダや雨どい等、思わぬところから侵入します。
 必ず施錠してください!

警察本部生活安全企画課 子ども・女性安全対策班