ホーム犯罪被害にあわないために女性の安全 〜犯罪被害に遭わないために〜>被害に遭わないために

被害に遭わないために

〜ちょっとした心掛けがあなたを守ります〜

  • 夜間の一人歩きはなるべく避けましょう。

    夜間に歩く時は、できるだけ「明るい道」「人通りがある道」「見通しの良い道」を選びましょう。

  • 携帯電話を操作したり、音楽を聴きながらの「ながら歩き」はやめましょう。

    周囲への注意力が低下し、不審者等に気づくのが遅れます。

  • 時々背後を振り返る等、警戒している様子を見せましょう。

    警戒しているのが分かれば不審者は近づきません。

  • 危険を感じた時は、勇気を出して大声で助けを呼びましょう。

    防犯ブザーを身につけ、すぐに使えるようにしましょう。

  • エレベーターでは、非常ボタンの近くに、壁を背にして立ちましょう。
  • 車から離れる時は、エンジンを切り、施錠をしましょう。

    施錠してない車に乗り込み、待ち伏せする犯人もいます。
     駐車場等で車に乗り込む時も周囲に注意しましょう。

  • 電車に乗る時は、混雑する出入口を避けて、座席の側に立ちましょう。

    比較的見通しが効く座席側の方が安全です。

  • 日頃から自宅付近や通学路、通勤路等の危険な場所、安全な場所を把握しましょう。

    防犯連絡所やこども110番の家、店舗等、何かあった時に逃げ込める場所を覚えておくと安心です。

  • ひったくり被害の予防には「3つのB」に注意しましょう。
  • AG「かばんの持ち方」・・・バッグは道路と反対側に持つか、肩から斜め掛けする等、しっかり持ちましょう。
  • ACK「後方注意」・・・暗い夜道は背後(周囲)を警戒して下さい。
  • IKE「バイク、自転車に注意」・・・バイクや自転車の気配がしたら後方を振り返りましょう。
      暗い夜道は特に周囲を警戒するとともに、自転車の場合は、前カゴにひったくり防止ネット等を活用しましょう。

被害を防ぐ合い言葉 〜きなこもち〜

防犯講座を受けてみませんか?

〜女性のための防犯講話・護身術講座を開催しています。〜

警察官が自分の身を守る知識や技術を直接お教えます。 学校、事業所、グループ等で受講できます。

詳しくは各警察署の生活安全課にお問い合わせ下さい。

もし被害にあってしまったら・・・

  • 今、被害にあっている等、緊急の場合
    大声で「助けて」と叫んだり、防犯ブザーを活用しましょう。
    傘やバッグ等の持ち物を活用し、相手からとにかく逃げましょう。
    安全な場所で、落ち着いて110番通報しましょう。

  →110番の正しいかけ方

  • 上記以外の場合
    一人で悩まず、警察に相談して下さい。
    被害の状況が分かるもの(衣類等)があれば保管、保存しておいて下さい。

  →各種相談電話案内

警察本部生活安全企画課 子ども・女性安全対策班