ホームサイバー犯罪対策>金融機関をかたるフィッシングサイトにご注意!

金融機関をかたるフィッシングサイトにご注意!

金融機関の名前をかたり、インターネットバンキングをよそおったフィッシングサイトにご注意ください。

現在、多くの金融機関において、インターネット経由で振込み手続きなどを行うことができる、「インターネットバンキング」のサービスが提供されています。

たいへん便利なサービスですが、同時に、様々な金融機関の名前をかたった偽のサイト、いわゆる「フィッシングサイト」も多数確認されており、フィッシングサイトへのアクセスを誘導する電子メールが出回ることもあります。
 多くの場合、本物のサイトそっくりにつくった偽のサイトで利用者をだまし、IDやパスワードを入力させて盗み取るというもので、過去には個人情報をだまし取られ、不正アクセスや、不正送金といった犯罪に使用されてしまったケースも発生しています。

最近も、複数の大手銀行をかたったフィッシングサイトが確認されましたが、これらのサイトは、各銀行が提供するインターネットバンキングサービスの画面と、ほぼ同じデザインとなっており、IDやパスワードなどを入力するつくりになっています。
 また、「セキュリティ向上のために、お客さま情報の確認を行っています。」などといった電子メールを利用者へ発信し、フィッシングサイトへ誘導するといった手口も確認されています。

これらのサイトは、各銀行とは一切関係なく、何者かが利用者をだまし、IDやパスワードなどを入力させて、盗み取ろうとしているものと思われますのでご注意ください。

個人情報を入力するサイトでは、必ず、そのサイトが正しいサイトかどうか確認してください。

また、金融機関等が個人情報の更新等を電子メールで依頼することはまずありません。疑わしい電子メールを受信した場合は、送り主とされている金融機関等の連絡先を調べ、直接、電話をかけるなどして確認してください。

なお、フィッシングサイトを発見した場合や、フィッシングが疑われる電子メールを受信した場合は、警察でも相談を受付けております。最寄りの警察署、またはお住まいを管轄する警察本部の相談窓口へご連絡ください。

フィッシング被害防止のための対策については、「フィッシングにご注意!」をご覧ください。